​事 務 局

​事務長より

大塚事務長.jpg

事務​長 大塚 幸成

​(おおつか ゆきなり)

​ 昭和21年に当地で開院をして以来、地域医療に貢献すべく日々精進しております。

 医療技術は目まぐるしい速さで進歩し進歩し続けております。超高齢化社会を迎える

にあたり、平成12年に介護保険制度が制定されました。医療・介護を取り巻く環境が

大きな変革を遂げる中、当院の事務部門も切磋琢磨しながら業務に勤しんでおります。

 病院の業務において欠かせない部門の一つに医事課があります。医事課とは医療・

介護の事務作業を行うところです。主な業務内容は、受付応対、カルテ作成および

管理、窓口会計、レセプト請求が主な仕事となります。

 もうひとつは総務課です。「何でも屋」ですが、とても重要な部署です。蛍光灯の

交換、機器故障の対応、水漏れ、公用車管理、送迎、何でもします。それだけに困った

とき迅速に対応することを心掛けております。

 事務部門は来院された方を最初にご対応させていただく大事な役割を担っておりま

す。院内におみえの間、ご不便をおかけしないようにすることも、同時に大事な役目で

あります。我々は直接、医療・介護の提供をすることはありませんが、医師をはじめ

各職種がスムーズにサービスを提供するための縁の下の力持ちとして頑張ってまいりま

す。

​事務局各課のご紹介